志望校を目指す

黒板を抱える子供

学校の授業以外にも、志望校合格のために予備校へ通うことで合格の可能性を高めることができます。その予備校の評判が良いからと判断するのではなく、体験授業を受けることも大切です。

昔と現在

カタカナを書き取る手

昔あまり塾はなく、それ以前の問題でまともに学校へ通えない人も多くいました。高度成長期から塾が増えてきて少しずつ日本全国に進出しました。現在は塾が一般的になってきており、リーズナブルな価格で通うことができます。

家まで来てもらえる

黒板と指の先生

塾と家庭教師の違いは学習場所が異なっているということです。家庭教師なら自宅で勉強でき、親とも顔を合わせることができます。マンツーマンなので集中して勉強をすることができます。

将来の夢を目指す

算数の問題を解く手

昔は保育士ではなく保母と呼ばれており、子供を預かるシステムは明治23年から始まりました。高い知識と確かな技術が必要になるので、大学で専門知識を学んで保育士に必要な資格取得をする必要があります。

合格のために勉強

黒板と指の生徒

中学受験に合格するためには学習塾などで勉強をして知識を身につける必要があります。中学受験で成功をすれば高校や大学までエスカレーター式に進級できるというメリットがあるのです。